捺印と認められないもの

印鑑イメージ

印鑑を持っていない場合に拇印を押すことがあります。
拇印とは指の先に朱肉などをつけて書類などに押し付けて指紋を残すことをいいます。

時代劇などを見ていると朱肉ではなく自分の指を刀で傷つけて押していますよね。
血判状というものを見たことがあります。

そのほかに書き判というものがありますがそれは手書きでその人の名や姓あるいは頭文字などを書き、書いた字のまわりをかこんでサインすることをいいます。

これらの拇印も書き判も捺印したとは認められないことをご存知でしょうか。
署名の場合はかまわないのですが、記名の場合に拇印を押させたり、書き判をさせたりしたとしても「記名捺印」としての効力というものは一切発生しないのです。

これまでの裁判の例でも、拇印または書き判によるところの手形・小切手の振り出しは無効であると判断されているのです。
それならいったい何のために拇印や書き判が存在するのでしょうか。

実は拇印や書き判も全く意味が無いわけでも無いようなのです。
捺印の無い文書の場合にそれは最終的な意思を表示したものでは無いと言い逃れされてしまう可能性があるのですが、この拇印や書き判があればそういう言い逃れを防ぐことが可能になるのです。

口約束も約束のうち、などという甘いことが通用する時代ではなくなりました。
いつどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。

もし印鑑を身につけていない時に約束を交わさなければならない場合は一時的にでも文書に拇印または書き判を施すことが身を守ることにも繋がるのではないでしょうか。
日本がはんこ社会であるとだいぶ前に学びましたが、欧米のように印鑑では無くてサインの方が重要視される時代は来るのでしょうか。

〔お役立ちサイトのご紹介〕

「象牙や黒水牛などの高級印鑑を安く手に入れたい・・・!」
そんな方にオススメのWEBサイトがあります!

印鑑の比較サイト《印鑑ネット》では、厳選された高品質の印鑑を、低価格でご紹介!
売れ筋やレビューに基づいているので、安心してお選びいただけます。

ページの先頭へ