銀行印の保管に気をつける

銀行印イメージ

銀行印という名前は印鑑の中でもよく耳にする名前の印鑑です。
それは銀行に届けてある印鑑のことを指します。

銀行に口座を開設する際に届けますよね。
銀行の預貯金を引き出す時にはこの銀行印が必ず必要になります。

今ではATMの普及によりキャッシュカードで預貯金を引き出す場合が多くなりましたが、銀行の窓口で預貯金を引き出すことが無くなった訳では無いので銀行印は大切なものです。

よく銀行の通帳と銀行印は別々に保管するようにと言われます。
万が一盗難に遭った場合、銀行の通帳と銀行印が一緒に保管されていたら簡単に預貯金を引き出されてしまう危険性があるからです。

また銀行印があれば手形や小切手を降り出すことができるためそういう意味でも銀行印というのは実印と同じくらい大切にしなければならないものです。
それなのに銀行印には認め印を使用している人が多いのが実情です。

実は我が家でもだいぶ以前には文房具店で安価で購入した認め印を銀行印として使用していました。
今思うと大変に危険なことをしていたと思います。

万が一通帳を紛失したら同じ印鑑をいくらでも手に入れることができ簡単に預貯金を引き出すことができてしまう可能性があったのですから。
銀行の通帳と銀行印は別々に保管した方が良いと知る前までは保管も一緒でしたし本当に危険だったと今は胸を撫で下ろしています。

でも確かどこかの政治家の人が銀行の通帳と印鑑を盗難に遭って預貯金を引き出されてしまった場合は保障されると聞いたことがありました。
実際本当にそうあるべきだと私は思います。

銀行側としても窓口に通帳とその通帳の届け出のある印鑑を持って預貯金の引き出しを依頼されてしまったら出金しないわけにはいかないのでしょう。
銀行の通帳と銀行印は別々に大切に保管しましょう。

〔お気に入りのWEB通販サイト〕

個人の実印・シャチハタネーム印から法人印鑑まで豊富な品揃え。

印鑑のことなら【ハンコヤドットコム】にお任せください!

印鑑のスピード配送はもちろん、彫り直しの保証も付いているので、お届け後も安心です。

ページの先頭へ