契印・訂正印の押し方

契約書イメージ

印には契印というものがあります。
それは契約書が2枚以上になる場合、それが同じ1つの契約書であるということを証明するために押す印のことをいいます。

契印は契約書の両ページの見開きの部分に一つの印影を半分ずつにまたがるように押す印のことを指します。
印の位置はどこでも構いませんが必ず1枚ごとに押さなければなりません。
さらに契約書の作成者が当事者甲、乙、保証人丙というふうに三人であるという場合には甲乙丙の三人全員が契印を押さなければならない必要があるのです。

その際契印として押せる印鑑は、必ず記名もしくは署名の末尾に押してある印鑑と同一の印鑑でなければならない必要があります。
またそれらの契約書に記載した文字を書き直したりした場合や書き加えたりした場合、さらに削除したりした場合に、そのように字句を訂正したことを証明するために押す訂正印というものがあります。

契約書が縦書きの場合は字句を訂正した箇所の真上の欄外に「削除○字」「加入○字」「訂正○字」というように記載して押印するのです。

委任状や契約書などの内容を訂正しようとする場合それが第三者に勝手に書き換えられたものでは無いことを証明するためにも、署名した人が記名して押印したものと同じ印鑑で押さなければならないのです。
訂正は訂正箇所に二重線を引いて行います。

その場合元の字句が読めるようにしておく必要があり黒くぬりつぶしたりはしていけません。

私は職場で契約書のような大切な書類ではありませんが翌月に印鑑を押さなければならない箇所に間違って印鑑を押してしまったためその箇所に上から紙を貼ったら、先輩であるお局様方にものすごく怒られてしまった経験があります。

訂正箇所が印鑑そのものであったため、二重線を引いて訂正印を押すことが不可能だったため気をきかせたつもりでやったのですが大失敗でした。

〔人気商品のご紹介〕

「黒牛革にブラックメタルの枠が付いた、スタイリッシュな印鑑ケースが登場。
牛革の素材感や黒のカラーはチタン印鑑との相性が良く、男性にオススメです。
内側は衝撃に強いベロアを布張りにしているので、持ち運びも安心です。

ブラックメタル枠の印鑑ケースをチェック

ページの先頭へ