信頼できるかどうかの判断が必要

印鑑イメージ

契約書などの書類に捨て印という印を押す場合があります。

その捨て印とはあとで字句の訂正が必要になった場合に訂正印として利用することができるためにと、訂正が無い場合にもあらかじめ契約書などの欄外に押しておく印のことを指します。

慣行上、捨て印というものはよく用いられるものです。
それというのも、後に訂正が発生した場合に訂正印を押してもらうという手続きがめんどうなために便宜上よく行われるからなのです。

しかしなんの間違いも無い状態で印鑑を押すのですから後に悪用されないという保障は全く無いので、よほどの信頼関係が無い限りにおいて捨て印は押さないほうが賢明といえるかもしれません。

しかし捨て印を依頼されてこちらとしては信頼できずに断った場合に先方から自分を信用して捨て印を押してくれと頼まれた場合、どのように判断したら良いのか迷うところです。

私は基本的に捨て印は押さないと決めています。
また契約書などに余白が発生した場合にその余白にあとから余計な文字を書き入れられることを防ぐために、いちばん最後の文字の末尾に『文字はここまでしか書いていませんでした』という証拠になるように押す印のことを止め印といいます。

今までの契印や訂正印や捨て印と同様に、止め印も記名または署名の末尾に押した印鑑と同一の印鑑でなければなりません。

さらに二つ以上になる文書についてそれらの文書の間に関連性があることもしくは同一性があることを示すために二つの文書にまたがる形で一つの印を押すことを割り印といいます。

例えば領収書を発行するような場合に、領収書とその控えとにまたがる形で一つの印を押印するような場合を指します。
また同じ契約書を二通作成した場合にも、その二通が同時に作成された同じ内容の契約書であるということを示すためにも割り印を押したりします。
さきほどまでの印と違うところは、割り印は必ずしも署名の際に押した印鑑と同じでなくても良いという点です。

〔お気に入りショップのご紹介〕

友人や家族へのプレゼントにお困りの方・・・
女性の手元にぴったりの、和柄のおしゃれはんこはいかがですか?

おしゃれはんこの専門店《キレイはんこ》では、花柄模様や、うさぎ、金魚の柄など全90種類のはんこをご提供!
落ち着いたデザインなので、幅広い年代の方にお使いいただけます。

ページの先頭へ